月曜日, 5月 19, 2008

経過

二人とも不調だと、大変。
大変?でもないか。

つよしは、気分もおちつき、膝の痛みもおさまってきて、父親をあごで使い、もう、王様のようになっています。
元々プリンスと呼ばれる息子ですから、致し方あるまい。

「ティッシュとってきて」
「といれつれてって。」
「アイス食べたい」

緊張感で狂った夫は、DS Liteを買ってやるといったらしい。
それを知った私が怒り狂ったのは言うまでもなく、怒り狂った挙句、勝手にしろと言ってしまうダメな私。
もう、好きにしてくれ。
DSが無いと病気を治す努力もしないのか!
と、ギャーギャー言っているのだが、息子は、
「ままには、ポケモンレンジャーバトナージ貸さないよ~」

終わってます。
ま、そんなかんじで、見た目元気そうな息子です。
とっとと病気治して、学校行ってくれ。

母親には、これも赤ちゃん帰りの一貫では?と言われ、ちょっと考えちゃいましたが、だからなんなんだ!
だったら、どうだっていうんだよ。と、切れそうになりましたが疲労感で思考停止。
ふぅ。

娘も意外に高熱なのに、一人遊びしていたり、息子と物を取り合って、奪ったときは、得意げな挑戦的な顔で息子を一瞥し、たたかれて、奪い返されて、泣いて怒るというのをしばらくやっておりました。
その悔しさのせいか、寝るとき苦労しましたが、基本的には元気そう。
早く熱が引くといいんだけど。

あ、そうそう、プリンスは大人気なので、まず、私の叔父が、
「今週野球一緒にあそんじゃったんだよなーまずかったかな。」
と、心配げ。関係無いから大丈夫だよと言っておいた。
伯母も心配していたとは、夫より。
そして、夫の両親、プリンスのジジババが夜お見舞いに。
せっかく来てくれたのに、夫がシャットアウト。
お見舞いの品のみが家にとどいたのだが、、、、、、お見舞いって、こんなにするんだっけ?
本が4冊、アメリカンチェリー、メロン、花束。

入院したら、部屋が溢れるんだろうな。人と物で。

つよしの明日の検査で悪い結果が出ないと良いが。
いろんな意味で。
Posted by Picasa

2 件のコメント:

まりっぺ さんのコメント...

たかこさん、ふたりとも不調では大変ですよ。御自分は寝ている~??

紫斑病、血管性なら血小板は減らないからステロイドを使う可能性も低いように聞いたことがあります。なにか予防接種とか打ったの??風邪のあとでも来ることがあるんだよね。ハルも溶連菌感染症で髄膜炎の疑惑までもたれるほど痛がりましたが、結局大丈夫でした。(あ、でも月末に尿検査だ)本人が軽快していくようならまず大丈夫だと思うけど、看病する方は精神的に気を使うから大変だ~がんばりすぎないで。。

おたかちん さんのコメント...

安静、のみ。
でした。

薬は炎症をとめる薬のみ。

安静安静。
しばらく体育も野球もお預けの予定です。

まだ右足をつくことができないから、今はいいけど、動けるようになってからの安静はつらいだろうなーと。そんなかんじっす。